「群れなせ!シートン学園」について語りたい

 

 今回は、「サイコミ」で連載されている「群れなせ!シートン学園」について語りたいと思います。

 

群れなせ!シートン学園 | サイコミ

 

cycomi.com

 ※これより先は「群れなせ!シートン学園」のネタバレを含むので観覧には注意が必要です。

 

 

 まず「群れなせ!シートン学園」とは、

 

動物嫌いのジンが通う動物だらけのシートン学園!狼少女ランカを筆頭に周りはケモノな生徒だらけ。動物少女達と群れなす、学園アニマルラブコメ!!

  

 という山下文吾先生の作品なのですが、今回はその中で気になったことをまとめてみました。

 

 

二人の主人公

   

 「群れなせ!シートン学園」では狼の大狼ランカ(おおかみランカ)人間の間様人(まざまジン)を中心に、物語は進んでいます。

 

  トラブルメーカーでありながら、困っていたり、一人(一匹?)になっている人(動物)を放っておけない性格のランカと、動物嫌いなために動物に関する豊富な知識を持つジンの二人は、一見噛み合っていないように見えますが、作中における様々な問題の解決に導いており、お互いに見解の相違がありながらも、名コンビとして描かれていました。

 

動物の生態を活かした登場人物

 

 「群れなせ!シートン学園」の登場人物は、動物に生態を活かしたキャラクターが数多く登場しています。

 

 また、生態以外にも様々な動物に関する情報も利用されており、それらがキャラクターの見た目や性格だけでなく、恋愛要素やお色気、さらには下ネタや熱血要素とも混じり合うで、登場人物たちだけでなく、漫画の魅力をも引き立てていました。

 

種族の壁を超えた青春群像劇

  

 「群れなせ!シートン学園」の舞台となっている「私立シートン学園」では、基本的に同じ種族の動物で固まっていることが多いのですが、ランカとジンが出会ったのをきっかけに料理部を立ち上げられ、今では様々な動物の異種交流が行われています。

 

 その中でも、とあるライオンがジンに相談したことがきっかけで誕生した「ライオン×インパラ」という肉食動物と草食動物のカップリングは、「群れなせ!シートン学園」において、種族を壁を超えた青春群像劇の象徴して描かれていました。

 

豊富なアクションシーン

 

 「群れなせ!シートン学園」は、学園ラブコメでありながら、アクションシーンが豊富に出てくるのも、この漫画の特徴の一つです。

  

 作中では主に、動物の生態を紹介や、熱血要素などで使われており、私自身も、つい学園ラブコメだということを忘れてしまうほどよく登場しています。

 

 また、 ラブコメとしての役割をしっかりと果たしており、「群れなせ!シートン学園」においてアクションシーンは、作品の要と一つとなっていると私は考えています。

 

まとめ

 

 「群れなせ!シートン学園」は、人間と擬人化(獣人化)した動物たちが織り成す学園ラブコメの漫画なのですが、その中でも、

 

  • 二人の主人公
  • 動物の生態を活かした登場人物
  • 種族を超えた青春群像劇
  • 豊富なアクションシーン 

  

 が魅力だと、私は考えています。

 

 最後となりましたが「群れなせ!シートン学園」に関わっているすべての皆様、本当にありがとうございます。

 

群れなせ!シートン学園 | サイコミ

 

cycomi.com