「間様人(まざまジン)」について語りたい

 

 今回は、「群れなせ!シートン学園」に登場する「間様人(まざまジン)」について語りたいと思います。

 

群れなせ!シートン学園 | サイコミ

 

cycomi.com

 ※これより先は「群れなせ!シートン学園」のネタバレを含むので観覧には注意が必要です。

 

 

 「群れなせ!シートン学園」「間様人(まざまジン)」は動物嫌いの人間の主人公として登場しています。

 

 今回は、そんな「間様人」について気になったことをまとめてみました。

 

 

動物に関する膨大な知識量

 

 作中においてジンの最大の特徴は、なんといっても「動物に関する膨大な知識」を持っていることです。

 

 ジンは保育園の出来事がきっかけに動物嫌いとなってしまい、それによって動物の生態を調べたと考えられますが、自衛のためとはいえ、10代であの膨大な知識量は正直すごいと思いました。

 

 そしてその知識は、 「群れなせ!シートン学園」において、自分のためだけでなく、様々な問題の解決の鍵となっており、ジンの最大の武器となっていました。

 

毛嫌いする動物に対する容赦のない言動

 

 動物嫌いのジンは、人間のヒロインである牝野瞳(ひのひとみ)以外の生き物には、露骨に毛嫌いしています。

 

 例えば、動物をケダモノ、登場人物のほとんどを「クソ(またはバカ)+名前(動物名)」で呼んでいたり、生態を説明するためとはいえ、女(メス)相手に、スカートをまくしあげたり、ズボンを下ろそうとするなど、作中において、ジンの動物に対する毛嫌いさと容赦のなさを見事に描かれていました。

 

時折見せる動物への優しさ

 

 ジンは、上記のように動物嫌いではありますが、ランカだけでなくで他の動物たちへの手助けをしており、いわゆるツンデレと呼ばれるような行動をとっています。

 

 実は、保育園の出来事が起きるまでは、ジンは現在のランカと同じように動物と仲良くしようとしたことが、単行本の第1巻で描かれていました。

 

 もしかしたら、ジンが動物たちに時折見せる優しさは、彼の心の奥底に、動物と仲良くなりたいという思いがまだ残っているのからかもしれません。

 

まとめ

 

 「群れなせ!シートン学園」において動物嫌いの人間の主人公の「間様人(まざまジン)」ですが、私はその中で、

 

  • 動物に関する豊富な知識
  • 毛嫌いする動物に対する容赦のない言動
  • 時折見せる優しさ

  

 が彼の魅力だと、私は考えています。

 

 最後となりましたが「間様人」に関わっているすべての皆様、本当にありがとうございます。

 

群れなせ!シートン学園 | サイコミ

 

cycomi.com